切迫早産での入院から退院した妊娠35週!日常生活に戻る体力回復ポイントと病院からのアドバイスも

切迫早産での入院から復活、退院した妊娠35週。

もんののアイコン画像もんの

退院できたのは嬉しいけど、体力が無くて日常生活も大変!

このままでは無事出産できないのでは…

という体力面での不安を覚えた退院生活でした。

しかし、病院からの指示に従って、体力も徐々に回復しての日常生活へ。

そんな妊娠35週の体験談を踏まえて

Point!
  • 切迫早産退院後の悩み
  • 退院後の生活の仕方
  • 退院後のお腹の痛み

など解決策とともに、わかりやすくまとめてみました。

35週をしっかり過ごすポイントと合わせて見ていきましょう。

目次

切迫早産から回復!退院後の悩み

退院後の妊婦生活は、体力の無さが一番の悩み。

軽い運動で徐々に体力をつけていきましょう。

もんののアイコン画像もんの

出産は体力勝負!

なんと、陣痛から出産までの時間は初マタさんで平均14時間。

経産婦さんで約8時間もかかるんです。

もんののアイコン画像もんの

なので、体力がないと苦しさが増す一方!

とは言え、切迫早産での退院後に激しい運動は禁物です。

少しづつ日常生活に戻していきましょう。

ちなみに、切迫早産での入院生活の様子や注意点はこちらをチェック!

あわせて読みたい
切迫早産で入院した妊娠34週!ストレスが原因で赤ちゃんの心拍数低下
切迫早産で入院した妊娠34週!ストレスが原因で赤ちゃんの心拍数低下正産期目前な妊娠34週で安定、と思いきやの切迫早産で入院な私。妊婦の身体がデリケートなことを痛感しました。救急車での搬送、病院での対応がなかったらと思うとゾッ...

切迫早産から退院後の生活

9日間の安静入院生活で体力がなくなった私は、200m先の最寄りのスーパーにも行けませんでした。

そこで、体力回復までの生活は、病院からのアドバイス通り過ごすことに。

  • 掃除、洗濯、ご飯を作るなど出来ることから
  • 入浴は、長時間は避けて体調の良い時に
  • 少しでもお腹の張りを感じたらすぐ休む
もんののアイコン画像もんの

まずは、日常生活に戻ることから!

家の中での生活を難なくできるようになったら、買い物、近所をお散歩など少しづつ体力をつけていきましょう。

切迫早産退院後のお腹の痛み

さて、切迫早産退院後のお腹の痛みはというと、

  • 動くとすぐお腹が張る
  • ストレスによるお腹の張り
  • 強い胎動による痛み
もんののアイコン画像もんの

張りを感じるのが特に怖くなった!

私も入院して実感しましたが、敏感な妊婦さんの身体なので、周囲の理解を得て無理のない生活にしたいものですね。

妊娠35週の赤ちゃんの大きさ

私は切迫早産退院後でしたが、一般的な妊娠35週の赤ちゃんの大きさは?

平均身長は約45~48cm、体重は1950~2700gくらいになります。

妊娠35週 赤ちゃん 大きさ サイズ イラスト
約1950g-2700g=パイナップル2つ分くらいの重さ
もんののアイコン画像もんの

大きめの赤ちゃんだと、すでに新生児サイズに!

妊娠35週退院後の食事と体重管理

妊娠 体重管理

運動での体重管理ができない、切迫早産退院後の妊娠35週。

体力回復のためにもたくさん食べていた私ですが、急激に体重が増えてしまうと

Check!
  • 妊娠による合併症
  • 妊娠線
  • むくみ
  • 難産

などのリスクが高くなるんです。

妊娠後期である35週は、1日に+500kcal(約ご飯2膳分)が目安。

もんののアイコン画像もんの

質の良い食事でカロリー摂取していきましょう!

まとめ

Summery
  • 切迫早産退院後は、日常生活に戻ることから
  • 買い物、近所をお散歩で体力UP
  • お腹が張ったら必ず休む
もんののアイコン画像もんの

周囲の理解を得ながら、出産に向けて徐々に体力回復していきましょう!

妊娠36週!退院後初の妊婦健診でGBS(B群溶連菌)保有発覚

妊娠36週で13回目の妊婦健診。

そこで、聞いたことのない「GBS」という菌を保有していることが発覚しました。

もんののアイコン画像もんの

GBSって何?怖い!

でも出産時に点滴を打つことでリスク激減とのこと。

ということで、

Point!
  • 健診でGBS保有が発覚
  • GBS持ちのリスクとは
  • 点滴で感染確率が激減

など解決策とともに、わかりやすくまとめてみました。

36週をしっかり過ごすポイントとを今からチェックしておこう!

あわせて読みたい
妊娠36週の妊婦健診でGBS(B群溶連菌)保有発覚!リスクと出産時の点滴について
妊娠36週の妊婦健診でGBS(B群溶連菌)保有発覚!リスクと出産時の点滴について臨月(妊娠36週以降)での妊婦健診で必ず受けるGBS(B群溶連菌)の検査。まさかの私がGBS持ちと発覚。しかし、意外と多くの妊婦さんが保有しているGBSとのこと。Point!...

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる