妊娠36週の妊婦健診でGBS(B群溶連菌)保有発覚!リスクと出産時の点滴について

臨月(妊娠36週以降)での妊婦健診で必ず受けるGBS(B群溶連菌)の検査。

まさかの私がGBS持ちと発覚。

もんののアイコン画像もんの

聞き覚えのない菌を持っていると言われて怖くなった!

しかし、意外と多くの妊婦さんが保有しているGBSとのこと。

Point!
  • 健診でGBS保有が発覚
  • GBS持ちのリスクとは
  • 点滴で感染確率が激減

など解決策とともに、わかりやすくまとめてみました。

36週をしっかり過ごすポイントと合わせて見ていきましょう。

目次

13回目の妊婦健診でGBS(B群溶連菌)が見つかった

13回目の妊婦健診を受けた妊娠36週でGBS(B群溶連菌)が見つかってしまいました。

GBS B群溶連菌
もんののアイコン画像もんの

赤ちゃんは順調に成長、元気な心拍も確認できて一安心だったんだけど。

GBSを持っていると、赤ちゃんにこんなリスクがあります。

  • 肺炎
  • 髄膜炎
  • 敗血症
  • 精神発達遅滞
もんののアイコン画像もんの

母児感染を防ぐことがかなり重要!

GBS(B群溶連菌)母児感染防止の為に出産時は点滴

出産時のGBS母児感染を防ぐ為には、4時間に1度、15分の点滴を打ちながらのお産になるとのこと。

邪魔くさそうな気しかしないけど、点滴で感染リスクを1万〜2万5千分の1まで下げられるということで安心しました。

ちなみに、妊婦さんの10〜30%がGBS持ちで、意外に多くの人が保有しているとのこと。

もんののアイコン画像もんの

GBSは常在菌。
妊婦さん自身が持っていても問題ありませんよ!

妊娠36週の赤ちゃんの大きさ

妊婦健診でGBSが見つかった私ですが、赤ちゃんは今生まれても問題ないくらい成長しているとのこと。

もんののアイコン画像もんの

正産期までは1週間あるけど、張り止めの薬も無事卒業!

では、一般的な妊娠36週の赤ちゃんの大きさは?

妊娠36週 赤ちゃん 大きさ サイズ
約2000g-2900g=キャベツ2つ分くらいの重さ

平均身長は約46~48cm、体重は2000~2900gくらいになります。

ちなみに、切迫早産で張り止めの薬を飲みながらの生活とポイントはこちら。

あわせて読みたい
切迫早産での入院から退院した妊娠35週!日常生活に戻る体力回復ポイントと病院からのアドバイスも
切迫早産での入院から退院した妊娠35週!日常生活に戻る体力回復ポイントと病院からのアドバイスも切迫早産での入院から復活、退院した妊娠35週。このままでは無事出産できないのでは…という体力面での不安を覚えた退院生活でした。しかし、病院からの指示に従って、体...

まとめ

Summery
  • 健診でGBSチェック
  • 10〜30%の妊婦さんが保有
  • 出産時の点滴で母児感染防止
もんののアイコン画像もんの

点滴で感染リスクは激減するので、重く考えすぎずに、元気な赤ちゃんを迎える準備をしましょう!

前駆陣痛でプチパニックだった妊娠37週体験談

出産が迫り、ついに前駆陣痛があった妊娠37週。

実際に体験してその痛みの感覚や、時間の感覚をまとめてみました。

インスタママさんたちの声と一緒に、チェックしてみましょう!

あわせて読みたい
前駆陣痛でプチパニックな妊娠37週!痛みの感覚と間隔時間を体験談で
前駆陣痛でプチパニックな妊娠37週!痛みの感覚と間隔時間を体験談で安心して過ごすママさんも多い妊娠37週ですが、私の場合は前駆陣痛で安心よりもソワソワでした。本陣痛か前駆陣痛かわからず、焦って検索魔と化した私。と言うことで、P...

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる